カラム
充填剤
分取LCシステム
バイオ医薬品精製
キラルテクノロジー
受託精製サービス
フローケミストリー

YMC-Triart C18 ExRS

Triart C18 ExRSは有機シリカハイブリッド粒子にC18を高密度に修飾したカラムで、卓越した耐久性を有しています。特に強アルカリ性の条件においては他のハイブリッド系カラムと比較しても秀でています。通常のC18カラムとは異なる分離選択性を示し、疎水性の差が小さい化合物や高疎水性の構造異性体・類縁体の分離に有効です。

仕様

基材 有機シリカハイブリッド
粒子径 1.9 µm, 3 µm, 5 µm
細孔径 8 nm
炭素含有率 25%
使用pHレンジ 1~12
USP Class L1

ポイント

  • 新設計の有機シリカハイブリッド粒子にC18を高密度に修飾
  • 標準的なC18カラムと異なる保持・選択性
  • 高疎水性の構造異性体・類縁体の分離向上
  • 酸性・アルカリ性条件で卓越した耐久性(耐久性についてはTriartシリーズのページをご覧ください)

技術資料

アプリケーション


Triart C18と異なる保持・選択性

Triart C18 ExRSはTriart C18と比較して、疎水性が高く水素結合性は低いため、疎水性化合物の保持が大きくなり、極性化合物の保持は小さくなります。また、立体選択性の指標であるo-TerphenylとTriphenyleneの分離度が高く、構造異性体などの分離に有効です。

1. Amitriptyline (塩基性化合物
2. 8-Quinolinol (配位性化合物
3. Testosterone (極性
4. Naphthalene (π-π相互作用
5. Ibuprofen (酸性化合物
6. Propylbenzene (疎水性
7. n-Butylbenzene (疎水性
8. o-Terphenyl (平面認識能
9. Triphenylene (平面認識能

Column : 5 µm, 150 X 3.0 mmI.D.
Eluent : 20 mM KH2PO4-H3PO4 (pH 3.1) /methanol (25/75)
Flow rate : 0.425 mL/min
Temperature : 40ºC
Detection : UV at 265 nm
Injection : 4 µL

page top

構造類縁体の分離に有効

高密度にC18を修飾したTriart C18 ExRSは平面認識能に優れ、他のC18カラムでは分離が難しい構造異性体や類縁体の分離にも有効です。


ビタミンD2およびビタミンD3

Vitamin D2
(Ergocalciferol)
Vitamin D3
(Cholecalciferol)
Column : 5 µm, 150 X 3.0 mmI.D.
Eluent : THF/acetonitrile (10/90)
Flow rate : 0.425 mL/min
Temperature : 30ºC
Detection : UV at 265 nm
Injection : 4.25 µL (10 µg/mL)

page top