カラム

YMC-Triart Bio C18

YMC-Triart Bio C18は、有機シリカハイブリッド基材のワイドポアC18カラムで、ペプチドやタンパク質、オリゴ核酸などの分離に適しています。充填剤の疎水性が低いため、通常のC18カラムでは保持が大きすぎる場合の短時間分析にも有効です。

仕様
基材 有機シリカハイブリッド
粒子径 1.9 µm, 3 µm, 5 µm
細孔径 30 nm
使用pHレンジ 1~12
USP Class L1
製品の特長
  • 標準的なC18カラムでは保持が強すぎる化合物の短時間分析にも有効

分子量1万程度以上のペプチドからタンパク質の分離に最適

細孔径によるペプチド・タンパク質分離への影響

分子量1,859から76,000までのペプチド・タンパク質について、細孔径30 nmのTriart Bio C18とTriart Bio C4、細孔径12 nmのTriart C18でピークの半値幅を比較しています。分子量が10,000以上になると、C18(12 nm)では半値幅が増大してピークがブロードになりますが、ワイドポアカラム(30 nm)では高分子量のタンパク質でもピーク形状が良好です。 分子量が10,000以上のタンパク質では、細孔径30 nmのワイドポアカラムが適しています。

Column

150 X 3.0 mmI.D.

Eluent

A) water/TFA (100/0.1)
B) acetonitrile/TFA (100/0.1)
10-95%B (0-15 min)

Flow rate

0.425 mL/min

Temperature

40ºC

Detection

UV at 220 nm

Injection

4 µL (0.1-0.5 mg/mL)

Sample

γ-Endorphin (MW 1,859), Insulin (MW 5,733),
Lysozyme (MW 14,000), β-Lactoglobulin (MW 18,363),
α-Chymotrypsinogen A (MW 25,656),
BSA (MW 66,000), Conalbumin (MW 76,000)

ソマトロピン (MW 22,125) の分離例

分子量22,125のペプチドであるソマトロピンを、細孔径30 nmのTriart Bio C18、Triart Bio C4、細孔径12 nmのTriart C18で分析しています。タンパク質など分子量の大きい化合物では、分子が十分に拡散できるワイドポアのカラムが有効です。また、この分離例では、官能基(充填剤のリガンド)が長いTriart Bio C18の方がTriart Bio C4よりも近接ピークの分離が良好です。

Column

150 X 3.0 mmI.D.

Eluent

A) water/TFA (100/0.1)
B) acetonitrile/TFA (100/0.08)
50-70%B (0-15 min)

Flow rate

0.425 mL/min

Temperature

40ºC

Detection

UV at 220 nm

Injection

4 µL

Sample

Somatropin (0.1 mg/mL)

ギ酸添加の移動相条件で良好なピーク形状

Triart Bio C18は、ギ酸を添加した移動相条件でも優れたピーク形状が得られるため、LC/MSでの高感度分析や構造解析に有効です。

Column

150 X 3.0 mmI.D., 150 X 4.6 mmI.D.

Eluent

A) water/formic acid (100/0.1)
B) acetonitrile/formic acid (100/0.08)
45-65%B (0-15 min)

Flow rate

0.425 mL/min for 3.0 mmI.D.
1.0 mL/min for 4.6 mmI.D.

Temperature

40ºC

Detection

UV at 220 nm

Sample

Somatropin (0.1 mg/mL)