採用情報

先輩の声

精製業務を通して幅広い知識を習得し、自らをスキルアップ

2012年入社 研究開発部 プロセスGr 配属

私は、受託精製業務とそのプロセス開発を行っています。受託精製業務では、受注後、分離方法の検討、実精製、納品まで一貫して携わりますので、自らの手で案件を進める責任感と、完結した際には達成感が得られます。
また、仕事を行う過程で、液体クロマトグラフィやカラムに関する知識、大型の装置や設備の仕組みなど、幅広い知識を習得できますので、自らのスキルアップに繋がることもやりがいの一つと感じています。会社で必要な専門技術は、一般的に入社後に身に付けるものですので、現在の専攻にとらわれすぎる必要はありません。皆さんも、気になった会社の説明会には是非参加し、ご自分の適性にあった会社を見つけて下さい。

若いうちから任せてもらえる仕事が多く、挑戦できる環境

2012年入社 研究開発部 合成Gr 配属

主に、HPLC用カラム・充填剤の新製品開発、基礎研究、および既存製品の品質改良に携わっています。若い社員のうちから、任せてもらえる仕事が多く、挑戦させてもらえる環境なので、新製品の検討企画を任されることもあります。検討では良い結果が出ることばかりではありませんが、苦労した分、開発に携わった製品が上市されるときには嬉しく思います。
就職活動は自分を見つめなおすとても良い機会ですし、その経験は仕事をする上でも役立つと思います。自分がどんな思考回路で考えて生きてきたかを知ることで、長所・短所も分かり、自分に足りない部分には注力してフォローしておくことができます。大変な作業ではありますが、ぜひ頑張って取り組んでみてください。

社会人ドクターとして研究と仕事を両立

2014年入社 キラルテクノロジー研究所 配属

私は、シリカゲルやポリマーを基材とした担体の設計及び合成を担当しています。昨年から社会人ドクターとして研究活動を行っており、大学での研究と仕事とを両立しながら学術領域における専門知識を深めたいと考えています。開発業務に携わる上で全く異分野の知見や技術が役立つ機会が往々にしてあります。専門知識だけでなく、新聞や情報誌に目を通すことで知見の裾を広げ、直近でない未来の開発に役立つ広い視野を身につけたいですね。
就職に当たっては、自分に「何が出来るか」よりも「何をしてみたいか」を重視して就職活動をされると良いかと思います。まずは、企業説明会を通じて業界や実際の業務内容に興味を持ってみてください。自分が仕事に何を期待しているか、どんな働き方をしたいのかも自然と判ってくると思います。

お客様から頂くアイデアやニーズを品質向上に繋げる

2014年入社 東京営業部 配属

製薬・化学企業を中心に研究機関の方々へ自社製品や技術情報を提供するのが仕事です。
製品を販売、提供するだけでなく、お客様が問題なく使用できるようフォローすることも重要ですし、日々の商談の中で、お客さまから頂くアイデアやニーズをヒアリングし、新製品、既存製品の更なる品質向上に繋げられるようにお客さまとの対話を常に大切にし、仕事に取り組んでいます。
日々、さまざまな分野の研究者の方々とお会いしますので、自分の知らない分野に出会い、その分野について学べることにやりがいを感じています。就職活動は、様々な企業を知ることができる機会でもあり、自分を見つめなおす重要な期間だと思います。悔いのないように、興味のある会社には、進んで説明会に参加してみてください。

就職先の絞り込みは企業の専門性と将来性から

2015年入社 科学機器事業部 配属

科学機器事業部では、大型カラムや分析装置の製造・検査等を業務としています。私の携わった機器が各大学・企業・研究所で活用されることで新技術の探求が進み、これが日本や世界の産業発展の下支えとなることにやりがいを感じています。私は化学系の出身だったこともあり、機械に関する知識・技術が不足していると感じる一方で、化学的な観点から機器の問題点の洗い出しや不具合の追及を行うこともあります。
皆さんが自分の専門知識を活かして就職したいと考えているのでしたら、その企業の専門性を理解することが大切です。総合企業と比較して、何が出来て、何が出来ないのか、という視点で就職活動すると、皆さんに合った企業の絞り込みができると思います。共に活躍できる日を楽しみにしています。

コミュニケーションを重視し、チームとしての達成感を共有

2015年入社 品質管理部 配属

品質管理部ではHPLC用充填剤、充填カラム及び原料の検査、製品の再現性や安定性を維持・向上するためのデータ分析等の業務を行っています。評価結果とその要因の因果関係を理解することが大切で、先輩社員にアドバイスをいただきながら結果の考察を行い、業務を進めています。仕事のほとんどは一人では進められません。会社として、チームとして成し遂げるものだということを常に考え、周囲との連携を大切にして仕事に取り組んでいます。
大学で行っていた研究と現在の仕事は大きく違いますが、だからこそ感じる面白さや、やりがいがたくさんあります。皆さんも視野を広くして、色々なことに興味を持って企業探しを進めてください。