カラム

逆相
YMC-Triart(バイオクロマトグラフィー用)

有機シリカハイブリッド基材のTriart/Triart Bioは、核酸塩基やアミノ酸など低分子で親水性の高い化合物から、オリゴ核酸、ペプチド、分子量150,000程度までのタンパク質・抗体の分離に有効です。耐久性に優れ、分離の向上に有効な高温条件でも使用可能です。
また、逆相用のカラム・充填剤として、Triartのほかシリカゲル基材・コアシェル基材の製品もラインナップしています。

製品の特長
  • アミノ酸、ペプチド、抗体などのタンパク質の分離に有効
  • ギ酸条件におけるピーク形状が良好でLC/MSに有効
  • 核酸塩基、ヌクレオチド、オリゴ核酸の分離にも有効
  • 高耐圧のメタルフリーカラムもラインナップ

ラインナップ

YMC-Triart カラム

充填剤 基材 粒子径
(μm)
細孔径
(nm)
官能基結合様式 エンドキャッピング 使用pH範囲 使用温度上限
Triart C18 有機シリカハイブリッド

1.9
3
5

12 トリファンクショナル あり 1-12 90℃ for pH 1-7
50℃ for pH 7-12
Triart C8
Triart Bio C4 30 1-10 90℃ for pH 1-7
50℃ for pH 7-10


その他、シリカゲル・コアシェル基材のタンパク質・ペプチド分離用カラムもラインナップしています。

カラム/充填剤 基材 細孔径
(nm)
使用pH範囲 特長・用途
Meteoric Core C18 コアシェル型シリカゲル 8 1.5-10
  • コアシェル型ODS
Meteoric Core C18 BIO 16
  • 細孔径の大きなコアシェル型ODS
ODS-A シリカゲル 20 2-7.5
  • 細孔径の大きなODS
  • タンパク質、ペプチドの分離に
30
ODS-AQ 20
  • 低カーボンODS
C8 20
  • 細孔径の大きなC8
  • 疎水性が比較的高い化合物の分離良好
30
C4 20
  • 細孔径の大きなC4
  • タンパク質の分離良好
30
CN 30
  • シアノ基による固有の選択性
  • 疎水性が大きいタンパク質の分離良好
YMCbasic 20
  • タンパク質、ペプチドの分離良好
  • インスリン分離に優れた実績
PROTEIN-RP 20 1.5-7.5
  • 耐酸性に優れたタンパク質、ペプチド分離用カラム