カラム
充填剤
分取LCシステム
バイオ医薬品精製
キラルテクノロジー
受託精製サービス
フローケミストリー

J'sphere ODS-H80, M80, L80

表面修飾率(リガンドカバレッジ)の異なる3種類のODSから構成されている逆相系カラムです。
リガンドカバレッジの違いは、溶質の疎水的な保持挙動に大きな影響を与え、さらに溶質の官能基や立体構造に起因する分離挙動にも影響します。保持挙動が類似する化合物群の微妙な分離を最適化するときなどに3種類のODSの使い分けが有効です。

仕様

粒子径 :4 μm
細孔径 :8 nm
炭素含有率 :ODS-H80 22%
:ODS-M80 14%
:ODS-L80 9%
使用pHレンジ :ODS-H80  1.0~9.0
:ODS-M80 /ODS-L80
                    2.0~7.5

ポイント

  • 分離特性の異なる3種類のODS
  • 3種の使い分けによる分離の最適化に有効


各社ODSの疎水性比較・水素結合性比較

各社ODSの疎水性比較

Column :150 X 4.6mmI..D.
Eluent :acetonitrile/water (75/25)
Flow rate :1.0 mL/min
Temperature :37ºC
Detection :UV at 254 nm

各社ODSの水素結合性比較

Column :150 X 4.6mmI..D.
Eluent :acetonitrile/20mM KH2PO4 (15/85)
Flow rate :1.0 mL/min
Temperature :37ºC
Detection :UV at 254 nm

修飾率の異なる3種類のODSは、疎水性や水素結合性、そして立体選択性において差があらわれます。ODS-H80は抜群に大きな疎水性と小さな水素結合性、ODS-M80は適度な疎水性と水素結合性、ODS-L80はC8に匹敵する小さな疎水性と大きな水素結合性を有しています。

page top

耐酸性・耐アルカリ性

耐酸性

分析条件
Column :J'sphere ODS-H80 150 X 4.6 mmI.D.
Eluent :acetonitrile/water (60/40)
Flow rate :1.0 mL/min
Temperature :37ºC
Detection :UV at 270nm
Sample :butyl benzoate

耐アルカリ性

分析条件
Column :J'sphere ODS-H80 150 X 4.6 mmI.D.
Eluent :acetonitrile/water (60/40)
Flow rate :1.0 mL/min
Temperature :37ºC
Detection :UV at 270nm
Sample :butyl benzoate

ODS-H80には耐酸・耐アルカリ特性があります。
ペプチドの分離や塩基性化合物の分離に効果的です。

page top