カラム
充填剤
分取LCシステム
バイオ医薬品精製
キラルテクノロジー
受託精製サービス
フローケミストリー

YMC Carotenoid

トリアコンチル(C30)基を化学結合したシリカ系逆相カラムで、カロテノイドの幾何異性体の分離に有用です。カロテノイド以外の化合物についてもC18(ODS)で分離困難な場合などに、分離選択性が異なるカラムとして有用です。

仕様

粒子径 :3 µm、5 µm
使用pHレンジ :2.0~7.5

ポイント

  • カロテノイドの分離に有効

カロテノイドの幾何異性体の分離が可能

YMC Carotenoidはアスタキサンチンなどの極性カロテノイド異性体とともにリコペンなどの非極性カロテノイド異性体の分離が可能です。

カロテノイドの幾何異性体の分離が可能

  1. Astaxanthin
  2. Capsanthin
  3. Lutein
  4. Zeaxanthin
  5. Canthaxanthin
  6. β-Cryptoxanthin
  7. Echinenone
  8. 15-cis β-Carotene
  9. 13-cis β-Carotene
  10. α-Carotene
  11. trans β-Carotene
  12. 9-cis β-Carotene
  13. δ-Carotene
  14. Lycopene
Column YMC Carotenoid
250 X 4.6 mmI.D.
Eluent A) methanol/MTBE*1/water (81/15/4)
B) methanol/MTBE*1/water (6/90/4)*2
0-100%B (0-90 min)
Flow rate 1.0 mL/min
Temperature ambient
Detection UV at 450 nm
*1 MTBE: Methyl tert-butyl ether
*2 移動相 B) はこの比率では混和できません。実験は3液混合のグラジエントで実施しています。2液混合のグラジエントでは、B) をMeOH/MTBE/H2O (7/90/3) としてください。

page top