カラム

抗体分離用サイズ排除(SEC)カラム
YMC-SEC MAB

YMC-SEC MABは、シリカゲル基材のサイズ排除クロマトグラフィー(SEC, GFC)用カラムです。基材設計や官能基導入法を最適化することにより、非特異的な吸着が極めて小さく、抗体モノマーとその凝集体やフラグメントの優れた分離を実現しました。耐久性やカラム間の再現性にも優れ、抗体医薬品の分析に最適です。

仕様
基材 シリカゲル
粒子径 3 μm
細孔径 25 nm
官能基

ジヒドロキシプロピル

使用pH範囲 5~7.5
適用分子量範囲

10,000~700,000

USP Class

L20, L59

製品の特長

抗体や抗体薬物複合体(ADC)の凝集体分離に有効

ヒト化モノクローナル抗体およびADCについて、YMC-SEC MABを用いて分析しています。ピーク形状も良好で、メインピークとその前の凝集体と想定されるピークも十分に分離できています。このようにYMC-SEC MABは、バイオ医薬品の特性解析や品質管理に有効です。

ヒト化モノクローナル抗体の分析

Column YMC-SEC MAB (3 µm, 25 nm)

300 X 4.6 mmI.D.

Eluent 0.1 M KH2PO4-K2HPO4 (pH 7.0)
containing 0.2 M NaCl
Flow rate 0.165 mL/min
Temperature 25ºC
Detection UV at 280 nm
Injection 10 µL
Sample

Humanized monoclonal antibody (5 mg/mL)

抗体薬物複合体(ADC)の分析

Column YMC-SEC MAB (3 µm, 25 nm)

300 X 4.6 mmI.D.

Eluent 0.1 M KH2PO4-K2HPO4 (pH 7.0)
containing 0.2 M NaCl/2-propanol (85/15)
Flow rate 0.165 mL/min
Temperature 25ºC
Detection UV at 280 nm
Injection 4 µL
Sample

ADC mimic (2.5 mg/mL)

高い耐久性

YMC-SEC MABは、官能基導入法の最適化により優れた耐久性を有しています。モノクローナル抗体を繰り返し500回以上分析しても、理論段数や溶出時間の変化なく、安定した分析が可能です。

Column YMC-SEC MAB (3 µm, 25 nm)

300 X 4.6 mmI.D.

Eluent 0.1 M NaH2PO4-Na2HPO4 (pH 7.0)
containing 0.2 M NaCl
Flow rate 0.33 mL/min
Temperature 25ºC
Detection UV at 280 nm
Injection 2 µL
Sample

Humanized monoclonal antibody (1 mg/mL)

優れたロット間再現性

YMC-SEC MABの充填剤3ロットにおける再現性を示しています。凝集体のピークやフラグメントなど、高い再現性が得られるため、抗体医薬品の純度試験などにも有効です。

Column YMC-SEC MAB (3 µm, 25 nm)

300 X 4.6 mmI.D.

Eluent 0.1 M KH2PO4-K2HPO4 (pH 7.0)
containing 0.2 M NaCl
Flow rate 0.165 mL/min
Temperature 25ºC
Detection UV at 280 nm
Injection 10 µL
Sample

Humanized monoclonal antibody (5 mg/mL)

オーダリングインフォメーション

粒子径
(μm)
カラムサイズ
内径 X 長さ (mm)
製品番号 価格
(円)
3 4.6 X 300 DLM25S03-3046WT 135,000

上記以外のサイズについてはお問い合わせください。