カラム
充填剤
分取LCシステム
バイオ医薬品精製
キラルテクノロジー
受託精製サービス
フローケミストリー

YMC-Pack PolymerC18

ポリマー基材のC18カラムのため、耐酸・耐アルカリ性に優れています。シラノール基などのイオン的相互作用の原因となる解離基を持たないので、塩基性化合物などの分離に有効です。また、基材が有するπ電子との相互作用のため、シリカ系ODSとは異なる分離挙動を示す場合があります。

仕様

粒子径 :6 µm、10 µm
使用pHレンジ :2.0~13.0

ポイント

  • メタクリレートポリマー基材のC18カラム
  • ポリマー基材の為シラノール基の影響がない
  • アルカリ溶離液の使用が可能
  • 芳香族化合物、不飽和化合物等においてシリカ系ODSとは異なる分離挙動


アルカリ溶離液の使用が可能

アルカリ溶離液の使用が可能

  1. Barbital
  2. Phenobarbital
  3. Pentobarbital
  4. Hexobarbital
  5. Secobarbital
Column
:YMC-Pack PolymerC18 ,150 X 4.6 mmI.D.
Eluent :50 mM Na2HPO4-Na3PO4 (pH 11.0)/methanol (75/25)
Flow rate :0.5 mL/min
Temperature :30ºC
Detection :UV at 254 nm

page top

シリカ系ODSとは異なる分離特性(芳香族化合物)

シリカ系ODSとは異なる分離特性(芳香族化合物)

シリカ系ODSとは異なる分離特性 (芳香族化合物)

Column :YMC-Pack PolymerC18 and YMC-Pack ODS-A 150 x 6.0 mmI.D.
Eluent :methanol/water (40/60)
Flow rate :1.0 mL/min
Temperature :30ºC
Detection :UV at 280 nm

page top

シリカ系ODSとは異なる分離特性(不飽和化合物)

シリカ系ODSとは異なる分離特性(不飽和化合物)

シリカ系ODSとは異なる分離特性(不飽和化合物)

Courtesy of Dr. Ohtani, Hiroshima University, Japan

Column
:YMC-Pack PolymerC18 and YMC-Pack ODS-AM 150 x 4.6 mmI.D.
Eluent :methanol/water (45/55) for PolymerC18
:methanol/water (50/50) for ODS-AM
Flow rate :0.8 mL/min
Temperature :50ºC
Detection :UV at 210 nm

page top