カラム
充填剤
分取LCシステム
バイオ医薬品精製
キラルテクノロジー
受託精製サービス
フローケミストリー

CHIRAL ART 耐溶剤型

良好なピーク形状

テイリングしやすい塩基性化合物のピーク形状も良好で、光学純度の測定精度や分取精製効率の向上・改善も期待できます。

良好なピーク形状

Column :5 µm, 250 X 4.6 mmI.D.
Eluent :n-hexane/2-propanol/diethylamine (80/20/0.1)
Flow rate :1.0 mL/min
Temperature :25℃
Detection :UV at 230 nm
Injection :10 µL (0.1 mg/mL)

page top

卓越した低カラムブリード

CHIRAL ART 耐溶剤型では、グラジエント条件下でもベースラインの変動がほとんどなく、卓越した低カラムブリード性能を有しています。高カラムブリードの場合、LC分析において安定したベースラインが得られないだけでなく、LC/MS分析においてはイオンサプレッションにより定量性を損なう場合もあります。低カラムブリードのCHIRAL ART 耐溶剤型では、頑健性の高いグラジエント分析や高感度LC/MS分析が可能です。

グラジエント試験
Column :5 µm, 250 X 4.6 mmI.D.
Eluent :A) n-hexane
 B) ethanol
    2-80%B (0-30 min)
Flow rate :1.0 mL/min
Temperature :25℃
Detection :UV at 230 nm

page top

幅広いpHで使用可能

CHIRAL ARTはpH耐久性に優れ、幅広いpH範囲で使用可能です。イオン性化合物の分離において、移動相に酸やアミンを添加したり、緩衝液を使用することによって良好なピーク形状や分離が得られます。

酸・アルカリ連続通液試験
Column :CHIRAL ART Cellulose-SB
    5 µm, 50 X 4.6 mmI.D.
Eluent :Buffer/methanol (90/10)
Flow rate :1.0 mL/min
【Acidic condition】
Buffer :0.1% H3PO4  (pH 2)
Temperature :40℃
【Basic condition】
Buffer :20 mM NH4HCO3-DEA (pH 9)
Temperature :25℃
カラム性能試験
Column :CHIRAL ART Cellulose-SB
    5 µm, 50 X 4.6 mmI.D.
Eluent :acetonitrile/water (30/70)
Flow rate :1.0 mL/min
Temperature :25℃
Detection :UV at 254 nm
Sample :Benzoin

page top

幅広い溶媒で使用可能

CHIRAL ART Amylose-SAおよびCellulose-SBにおいて、各溶媒を通液する前後のカラム性能の変化は2%以内であり、高い耐溶剤性を有しています。

Column :5 µm, 50 X 4.6 mmI.D.
Eluent :n-hexane/2-propanol
    (95/5)
Flow rate :1.0 mL/min
Temperature :25℃
Sample :Benzoin

カラム性能の維持率(各溶媒を40℃で1000 CV*通液)  *CV=Column Volume

Amylose-SA Cellulose-SB
α k'(2) α k'(2)
酢酸エチル 100.3% 101.2% 100.0% 99.1%
テトラヒドロフラン 100.0% 100.0% 99.3% 98.0%
ジクロロメタン 100.3% 100.6% 101.3% 99.6%

page top