カラム

超臨界流体クロマトグラフィー (SFC) カラム
Alcyon SFC

製品の特長

従来のHPLCを凌駕する高速性

超臨界流体は液体に比べ粘度が低く、拡散係数が大きいため、SFCでは高流速条件での短時間分析が可能です。その結果、分離メソッドスクリーニングの時間短縮や、分析・分取の処理量アップが期待できます。

SFC
Column Alcyon SFC CSP Amylose-C Neo
5 µm, 250 X 4.6 mmI.D.
Eluent CO2/methanol (80/20)
Flow rate 3.0 mL/min
Temperature 40°C
Detection UV at 220 nm
Back pressure 13.8 MPa (2000 psi)
HPLC
Column CHIRAL ART Amylose-C Neo
5 µm, 250 X 4.6 mmI.D.
Eluent n-hexane/2-propanol (90/10)
Flow rate 1.0 mL/min
Temperature 25°C
Detection UV at 230 nm

キラル分離例 ~酸を添加しない移動相で良好なピーク形状~

酸性化合物である2-フェニルプロピオン酸の光学異性体をHPLCとSFC条件で分離したクロマトグラムを示します。
HPLC条件において酸を添加しない移動相では、非常にブロードなピーク形状となりますが、SFC条件では酸を添加しなくてもピーク形状、分離ともに良好です。これは、超臨界流体CO2が弱酸性を示すためと考えられます。

SFC
Column Alcyon SFC CSP Cellulose-C
5 µm, 250 X 4.6 mmI.D.
Eluent CO2/methanol (98/2)
Flow rate 3.0 mL/min
Temperature 35°C
Detection UV at 220 nm
Back pressure 13.8 MPa (2000 psi)
HPLC
Column CHIRAL ART Cellulose-C
5 µm, 250 X 4.6 mmI.D.
Eluent n-hexane/2-propanol (99/1)
Flow rate 1.0 mL/min
Temperature 25°C
Detection UV at 220 nm

目的成分に応じたカラム選択が可能

フェノール類を3種のアキラルカラムで分析した例を示します。
各カラムで分離特性が異なるため、目的成分に応じたカラム選択が可能です。Alcyon SFCは5種のアキラルカラムのラインナップがあり、幅広い化合物に適用できます。

Column Alcyon SFC Triart Diol
5 µm, 250 X 4.6 mmI.D.
Eluent CO2/methanol (88/12)
Flow rate 3.0 mL/min
Temperature 30°C
Detection UV at 230 nm
Back pressure 13.8 MPa (2000 psi)

高速分離による高い生産性を実現

Alcyon SFCでは、超高速分離でも優れたピーク形状が得られるため、分取精製においても高純度かつ高回収率で目的物を精製することができます。高速分離に加えスタッキングインジェクションを利用することで、高効率かつ省溶媒・低コストの精製を実現します。

フラバノン光学異性体のSFC分取例

  Fr.1 Fr.2
光学純度 99.9%ee 99.7%ee
回収率 95.7% >99.9%
Column Alcyon SFC CSP Amylose-C Neo
5 µm, 250 X 20 mmI.D.
Eluent CO2/ethanol (80/20)
Flow rate 60 mL/min
Temperature 30°C
Detection UV at 280 nm
Back pressure 15 MPa (2180 psi)
Injection 3 mL (20 mg/mL)
Injected every 2.65 minutes