分取LCシステム

K-Prep

K-Prepはラボスケールからプラントスケールまで幅広く対応できる自動制御分取システムです。PCによる全自動運転が可能でクロマトデータ、計器データを自動記録できます。また、お客様の要望に合わせたシステムのカスタマイズにも対応します。
K-Prep EXはGMP製造プラント向けの防爆対応設計で、バリデーション対応可能です。

ポイント
  • コンピュータ制御による全自動連続運転
  • 操作はコンピュータとの対話形式で簡単
  • グラジエント溶出で細密な分取も迅速
  • リサイクル分離で経済的
  • ログインセキュリティ機能を装備
  • メンテナンスを重視した設計
  • 防爆対応可能
  • GMP対応可能
  • コンピュータ化システムバリデーションに適合

用途

  • ペプチド、タンパク質の分離
  • 食品、医薬、農薬の中間体の分離
  • 発酵生産物の分離
製品の特長

パソコンによる全自動運転

イベント(インレット切替、ポンプ、カラム流路切替、リサイクル流路切替等)、フラクション条件、送液条件、警報条件をプログラムすることができ、自由度の高いプログラムが作成可能です。

簡単操作のマニュアルコントロール

グラフィック化されたコンピュータ画面のシンボルをマウスでクリックするだけで、システム各部のコントロールを極めて容易に行うことができます。

フローチャート画面

ポンプをクリックすると表示

バルブをクリックし流路切替

自動記録機能搭載

分取クロマトグラムと圧力のデータを自動記録しグラフを表示できます。操作履歴、動作履歴を自動記録します。

モニタ画面

履歴記録

クロマトデータの解析が可能

データ処理画面では、各ピークの理論段数や対称性が表示され、分取作業に必要な情報がすべて記載されます。

法的対応

  • GMP: 各種証明書の提出、各段階にて適格性の評価を実施
  • 電子署名:ID、パスワードの組み合わせによりログイン管理。4段階の操作レベルに分けて登録可能